google-site-verification: google4b53281e981db622.html
セールスコピーライター

クライアントを獲得するための反応率をあげる方法

今日は、セールスコピーライターとして大事なことは、クライアントを獲得するには、まずクライアントのことを知らないとなりません。

その上で、クライアント獲得の反応率をあげるための方法について考えていきたいと思います。

クライアントを獲得するために認識しておくこと

セールスコピーライターは、まず以下のことを理解してください。

・クライアントは、セールスコピーライターのことを、知っているのか
・クライアントが反応してくれる方法を考える
・クライアントに信用してもらう

このポイントは、クライアントを獲得する上では、とても必要なところなので、以前のブログとかぶるところもありますが、覚えておいてください。

このことを理解しておくと、こちら側から、クライアントに対して、セールスコピーライターとしての、クライアント獲得の反応あげることができるのではないかと思います。

クライアントとは、セールスコピーライターを知っているのか

そもそも、クライアントは私たちが職業としている、セールスコピーライターのことを知っていれば、話は早いです。そこへ向けてこちらが何かしら、発信していけばいいだけです。

これは以前のブログでも言いましたが、コピーライターといって、知っている人はWEB関係の仕事をしている人の多くは、結構、知っている方も多いとは思います。

ただ、セールスコピーライターの存在を知っているということは、すでに、そのような人を使って仕事をしている可能性もあるので、難しい仕事を要求されるかもしれません。

普通に店舗経営をしている社長さんやオフラインビジネス、リアルビジネスをしている方はあまり知らないんじゃないかと思います。

チラシや新聞折込をやっていても、広告代理店にお願いしたり、ポスティング業者がチラシのデザインとか文章を作ってくれたりするので、そういうところにお願いする人はいますが、個人のコピーライターの存在は、知らないことが多いです

まだまだ、一般的にはセールスコピライターの存在を知らない人たちへのアプローチ方法というものが重要です。

クライアントが反応してくれる方法を考える

まずは、自分のことを発信する媒体は、必要です。私もサイトを作り、このようにブログを書いて発信しています。

そして、セールスコピーライターとは、どんなことをしているのか、どのような仕事をしていて、どうすれば、仕事を頼めるのかなどがわからないと、クライアントも頼みようがありません。

ただ、覚えていて欲しいのは、ブログの発信の辛いのは、続けることと、すぐに反応がないことです。

最初の10記事までも億劫と感じる人は多いでしょう。とても、モチベーションが保てず、書くこともないし、続けられない人が多いです。自分も、最初はそうでした。

でも、最初に、自分のことを知ってもらうには。ブログ作成はとても重要です。

これが、いざ仕事を撮ろうと思った時のも、紹介できますし、自分の詳細から、記事からなんでも、このブログを使って表現できます。

これから、セールスコピーライターとして、文章を書くことを生業にしていくわけですから、仕事を獲得するまでは、続けて、自分の情報発信の要として、作成してください。

Facebookのような、SNSでもいいかもしれませんが、本格的にやっていく場合は、しっかりとサイトとして、ブログやホームページを作成したほうがいいです。

対面営業でも、名刺が必要になってくるのと同じように、どこの誰だかわからない相手に、仕事を振ってくれる人は、いないと思います。

無料のブログを作成するのでも、最初はいいです。はてなブログ、FC2ブログ、アメーバブログ、ライブドアブログなどありますが、これらはアカウントさえ作れば、すぐにでも始められます。

ただ、制約などもあったり、趣味のグログなどではいいと思いますが、仕事としてやっていくなら、ワードプレスでサイトを作ってください。

ワードプレスでも、無料テーマと有料テーマがあって、これは無料でもいいですが、有料の方が、色々とSEOに強いテーマとか、カスタマイズできるようになっているので、これもピンからキリまでありますので、迷っているなら、最初は、無料テーマから始めてもいいでしょう。

ただ、サイトをアップするのに、独自ドメイン、レンタルサーバーを契約しないとたた上げられませんので、その費用は、年間で、1万ちょっとは必要になります。

でもこの金額で、できるなら早くに作って、どんどんブログを作成して、情報発信していってください。

クライアントに信用してもらう

次の段階では、自分のことを知ってもらったら、今度は、どんな広告を書いてくれるのかが気になると思います。

できれば、そのターゲットになる会社に、直接訪問することもいいのですが、最初は、飛び込み営業は、ハードルも高いですから、相手のホームページなどから、メールアドレスを調べて、連絡を取ってみます。

そのあとに、セールスコピーライターとしての、自分の仕事内容や実績などを書面にして送ったり、電話でアポイントを取って、そこで訪問することも可能になります。

小さい仕事でも、広告のアドバイスから、広告物の添削など、なんでも受けれそうなことは受けてみてください。仕事を依頼してもらうには、最初は、低価格か無料で仕事を受けてしまうのも1つの手段です。

とにかく、最初は、クライアントとの信頼を作ることから始まりますので、最初の仕事で結果を出した後には、正規料金でやらせてくださいなどの説明をしていくのがいいと思います。まずは自分を知ってもらい、仕事をさせてもらうという気落ちで、仕事をゲットできる手段を考えてください。

無料でやって、成果を出せば、次の仕事の依頼は、大きく期待できるはずです。

まとめ

まずは、仕事を取っていく手段というのは、まだまだ色々とあります。

クライアントの獲得を、さらに効率よく、反応率も上げていくということで、これらのことをしっかりと、覚えておいてください。

現在はまだ、実績のないセールスコピーライターであるなら、まずこの3つのポイントを意識してください。

要点ポイント

・1つ目の仕事を取る
・信頼関係構築を高める、クライアントの成果を優先に考える
・成果を出して、次の依頼を受ける

今日もブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。

明日も、元気よくお過ごしくださいね。

では今日は、この辺で失礼します。

魂のセールスコピーライター
吉尾正人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です