google-site-verification: google4b53281e981db622.html
コピーライティング

欲や願望を強調し、共通の敵と解決策で引きこむ戦略

ネットマーケティングで使える、セールスコピーライターのある施策とは

前回にも書いたブログで、欲には2種類あって、得たい欲と、避けたい欲があるよ、とお伝えしました。

その2種類の欲でも、避けたい欲というのは、恐怖であり痛みであるということも話しましたよね。

ただ、人間はやっぱり嬉しい結果やそれを実現して、良い気分になりたいと思っているんです。そのような欲や願望を強調してあげることで、興味を引き続き持たせることができます。

たとえば、

  • 体を鍛えて、若い子の視線を浴びたい。
  • 太っていた時は着れなかったかわいい洋服が着れて嬉しい。
  • 旦那が今でも手をつないで歩いてくれる。
  • 稼ぎまくってフェラーリに乗って注目を浴びたい。

など、何か現状のそうなりたいけどなれない欲や願望を持っていたとします。

このような「欲や願望を強調し、」さらに「共通の敵とその解決策」というものを示してあげると、グッと読み手は、意識がそこに向いてきますので、それに関係する商品、サービスを販売するときには、必ずこの展開は意識をして欲しいのです。

人はその敵を自分のせいだとは思っていない

どういうことかというと、このような願望があるということは、自分では解決できなかった結果でもあるんですね。

また、その自分のできない理由は、自分のせいではないと思ってます。

今まで結果が出ていないのは、自分は努力もしているし、それは他人に要因があると思っていて、これは他人のせいだと考えいます。

「自分は頑張って、体を鍛えてやせたいのに全く変わらない。これは他のことが原因なんだ」などと
敵を外に作り始めます。

ここでいう「共通の敵」というのは、成功できない大きな原因のことなんです。

そこで、「それは本当にそうだよね!」という共通の敵と、「解決策」を使って商売、サービスの販売を行います。

今まで何を試してもうまくいっていない現実

多くの人は、その欲に対して何かを試していたり、行動をしています。そこで、いくら自分がチャレンジをして、やってみても報われていないということが、このような欲になって出てくるのです。

「噂のサプリを飲んだが全く効かない・・・」
「高額のジムに通ったが長くは続かなかった・・・」

これも、自分は努力したのに他に原因があるんだ、となっていきます。

繰り返しますが、これを「そうそう!」と聞いてあげて、解決策を出してあげる必要があります。

「共通の敵」には2つの原因がある

このようなことが起きる原因というのは、2つあります。

1つ目は、「正しい情報」を知らないということです。

こういうことの情報を出す人間は「金の亡者」であること。正しい知識がないばっかりに、ちゃんとした商品を購入できていないのが現実でしょう。

流行っているサプリは、お金をかけて宣伝しています。

これには、テレビCMを使って、有名芸能人を出して、テレビ局や大きな広告代理店が動きます。そうなれば、大きなお金が必要になります。

原価数十円しかしないサプリメントに、このような経費が乗っかり、数千円、数万円となります。それを長きにわたって使い続けることができるでしょうか?できませんよね。

大した商品でもないからこそ、結果が出ずに挫折してしまうのです。

売ってる会社は、これといって知識のある専門家でもなんでもありません。その人たちは、科学者でもなく、ビジネスマンです。

そんな相手のことも考えていない人たちが、金の亡者になってあなたにその商品を売りつけるのです。

2つ目は「非現実的」であるということ。

実際、ダイエットをすることは個人差もありますが、人によっては時間はかかります。また、毎日たらふく大飯を食らったり、お菓子やスイーツなど間食が好きな人が、何もしないでは痩せません。

何かしらの、行動はとらないといけないですし、時間も必要になります。

「毎日ジムに通って筋トレを行いましょう」
「エステに通って、60分のオイルマッサージを月に2、3回は受けてください」
「EMSを使った家庭用機器で、自宅で30分のトレーニングを行いましょう」

など、これらはそれなりに時間とお金が必要になりますね。

このような時間やお金、やる気についてなどは、あなたのことを考えて販売はしていません。毎日忙しいあなたに、「非現実的」な提案で煽って、売りつけられるだけです。

当然時間とお金さえあれば、そのことをやることで痩せることのできる人はいるでしょうが、多くの人はそうではありません。

したがって、「そう、それはあなたのせいじゃないですよ、悪い人が、あなたの生活のことも考えずにいってるだけです」といってあげるのです。

そこで、「私が体験し、多くの時間を使って開発した、いくつかのバリエーションでできるトレーニングメソッドを紹介します。5分のスクワットをお風呂上がりにするだけで、たった2週間に1キロづつ着実に痩せていきます。」

そして、このような解決法を提示してあげます。

どうでしょうか? この2つの共通の敵を打ち出すことで、最後に解決法を述べてあげると、そのことに反応してくれる見込客
となる人が反応してくれるのです。

ここで気をつけないといけないのは、「あなたの努力が足りないんじゃないの?」 とかは絶対に言わないこと。

常に、見込客に共感してあげる必要があります。このことでもそうですが、お客さんが、納得できていなければ、共感できていないと思ってください。

まとめ

今回は、2つの共通の敵を設定して、解決策を考えました。

この共通の敵と解決策は、最低1個は出してみてください。それには共感してあげることで、「本当にいってること同じだし、よく解決策もわかった」となります。

まとめると

要点まとめ

得たい欲、避けたい欲は何かを洗い出す
その欲や願望を強調して、共通の敵で共感してあげる
その問題についての解決策を提示する

以上となりますが、お分りいただけたでしょうか?

とても大事なパートにもなります(いつも大事なことしか言ってないです)ので、理解していただけたなら幸いです。

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

では、今日はこの辺で、失礼します。

魂のセールスコピーライター
吉尾正人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です